追加点与えた高橋純 我慢の起用/西村龍次氏の目

西日本スポーツ

西日本スポーツ評論家の西村龍次氏 拡大

西日本スポーツ評論家の西村龍次氏

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第1戦西武4―8ソフトバンク(9日・メットライフドーム)

 西武としては昨年落とした初戦を何としても取りたかったのだろう。7回にグラシアルのソロで1点差に迫られるや、辻監督は先発のニールを代えた。一発が出たとはいえ、ホークス打線はそれまで内野ゴロの山を築き、ニールの術中にはまっていた。腰に張りがあったというが、ホークスにすれば続投の方が嫌だったはずだ。あの継投から西武のリズムが狂い始めた。

 8回は平井が連打でピンチを広げたところで平良にスイッチ。中継ぎエースの平井は言うまでもなく、今季優勝の立役者。交代を告げられたときのショックはありありで、野手陣も一様に驚いた表情だった。シーズンと短期決戦の戦い方は当然異なる。辻監督の勝利への執念といえばそれまでだが、全体的に我慢しきれなかった印象を持った。

 対照的にホークスの工藤監督は6回、3番手の高橋純が追加点を与えた後もピンチで代えなかった。ここで抑えきった高橋純も見事ながら、工藤監督の我慢はファーストステージから奮闘している、この若い投手にさらなる自信を与えたに違いない。決戦にふさわしく初戦から見応え十分。振り返れば、高橋純の続投からホークス勝利の道筋が描かれたような気がしてならない。 (西日本スポーツ評論家)

PR

PR

注目のテーマ