ソフトバンク甲斐野「すごく集中できた」逆転劇呼ぶ好投

西日本スポーツ

7回、4番手で登板し1イニングを無失点に抑えた甲斐野 拡大

7回、4番手で登板し1イニングを無失点に抑えた甲斐野

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第1戦西武4―8ソフトバンク(9日・メットライフドーム)

 甲斐野が楽天とのCSファーストS第3戦に続く白星を手にした。

 1点を追う7回に4番手で登板。先頭の秋山の遊撃内野安打と森の四球などで1死一、二塁としたが、ここから武器のフォークを多投して、4番中村と5番外崎を2者連続の空振り三振に打ち取った。8回の逆転劇につなげた右腕は「雰囲気にのまれないようにと思っていた。すごく集中できた」と充実感を漂わせた。

PR

PR

注目のテーマ