ソフトバンク和田「申し訳ない」西武相手に雪辱ならず

西日本スポーツ

3回2死一、二塁、西武・外崎に2点打を浴び、うつむく和田(右から2人目)(撮影・軸丸雅訓) 拡大

3回2死一、二塁、西武・外崎に2点打を浴び、うつむく和田(右から2人目)(撮影・軸丸雅訓)

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第1戦西武4―8ソフトバンク(9日・メットライフドーム)

 4回3失点で降板した和田は、レギュラーシーズンで2戦2敗だった西武に借りを返せなかった。初回に2点をもらいながら、3回に中村に左前適時打を許し、外崎には真ん中低めの直球を中越えの逆転2点三塁打とされた。「うまく打たれてしまった。初戦を任せてもらったのに結果を出せず申し訳ない」とわびた左腕だったが、チームは終盤に逆転勝ち。「勝ってくれて、本当に良かった」とほっとした表情を見せた。

PR

PR

注目のテーマ