ソフトバンク今宮、勝利たぐり寄せるタイムリー

西日本スポーツ

9回1死一、二塁、左翼線に適時二塁打を放った今宮(撮影・軸丸雅訓) 拡大

9回1死一、二塁、左翼線に適時二塁打を放った今宮(撮影・軸丸雅訓)

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第1戦西武4―8ソフトバンク(9日・メットライフドーム)

 今宮が勝利を大きくたぐり寄せるタイムリーを放った。1点リードの9回1死一、二塁。榎田の内角真っすぐを捉えて左翼線へ運ぶ適時二塁打で1点を加え、松田宣の適時打なども呼び込んだ。初回も内野安打で先制点を演出した。2安打1打点をマークした上、好守も披露。本調子でないため早出で特打に取り組んだことも奏功した形で「相手は西武だから(9回は)大きかったと思う」と納得顔だった。

PR

PR

注目のテーマ