台風で首都圏JRが計画運休へ CS戦うソフトバンクへの影響も

西日本スポーツ

 気象庁によると、大型で猛烈な台風19号は10日正午ごろ、日本の南の海上を北寄りに進んでいる。

 12日~13日に西日本から東日本に接近し、上陸する恐れがある。

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(S)が開催されている埼玉県はおおむね晴れているが、夕方から曇りとなり、夜遅くは雨の降るところがあるとしている。

 11日は前線や湿った空気の影響により雨で、昼前まで時々曇りとなる見込み。西日本の太平洋側と東日本では、11日午後から大気の状態が非常に不安点になるという。

 一方、JR東日本は12日から13日にかけて、在来線や新幹線で列車の運転を取りやめる可能性があると発表した。10日中にも公表する可能性がある。

 CSファイナルSをリーグ1位の西武と戦うソフトバンクは、初戦に勝利して対戦成績を1勝1敗(リーグ1位の西武に1勝のアドバンテージ)とした。10日以降も連日、どちらかが4勝するまで戦うが、台風による交通機関への影響が懸念される。

《追加10日午後9時40分すぎ》

→全日空は12日の東京羽田・東京成田空港を発着する国内運航便を全便欠航すると発表

PR

PR

注目のテーマ