工藤監督用兵ズバズバ、ソフトバンク初回にまた先制

西日本スポーツ

1回2死一、三塁、先制の右前打を放つ中村晃(撮影・軸丸雅訓) 拡大

1回2死一、三塁、先制の右前打を放つ中村晃(撮影・軸丸雅訓)

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第2戦 西武-ソフトバンク(10日・メットライフドーム)

 ソフトバンクがこのステージ2試合連続で初回に先制した。

 先頭・牧原の打ち上げた当たりが左前へのポテンヒットに。今宮が送りバントで進め、柳田の一ゴロの間に2死三塁となった。デスパイネが四球で一、三塁。ここで中村晃が西武先発・今井のスライダーを捉え、右前へ先制打を放った。

 中村晃は3試合ぶりのスタメン。5番に入って即結果で応えた。前日9日も3試合ぶりにスタメンに入った松田宣が、初回に先制打を放っている。

 楽天とのCSファーストステージでも第2戦でスタメン起用した福田が決勝ソロ。ソフトバンクは今CSで工藤監督の用兵がことごとく当たっている。

PR

PR

注目のテーマ