西武今井3回もたずKO コーチ駆け寄り直後に被弾

西日本スポーツ

3回無死二塁、中村晃(奥)に2ランを許した西武・今井(撮影・中村太一) 拡大

3回無死二塁、中村晃(奥)に2ランを許した西武・今井(撮影・中村太一)

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第2戦 西武-ソフトバンク(10日・メットライフドーム)

 西武先発の今井は、3回途中6失点KOと試合をつくれなかった。

 初回無死、ソフトバンク牧原が打ち上げた打球が左前のポテンヒットに。ここから2死一、三塁となり、中村晃に先制打を浴びた。

 2回は1死から松田宣に与えた四球を足掛かりにされ、牧原の犠飛で失点。3回は無死から柳田、デスパイネの連続二塁打で1点を失い、小野投手コーチがマウンドに駆け寄ったが、直後に中村晃の2ランを許した。

 2死までこぎ着けたが、再び松田宣への四球から9番捕手の高谷に適時二塁打を許したところで降板指令。投手交代を告げた辻監督も、思わずぶぜんとした表情だった。

 今井は「イニングの先頭打者をアウトに取れなかったので苦しいピッチングになってしまった。真っすぐも変化球も高く浮いてしまい、森さんの要求どおりに投げられなかった。昨年に続いてクライマックスシリーズの大事な場面で登板の機会をいただいたのに、期待に応えられず申し訳ないです」と無念のコメント。今井は第4戦に先発し、5回途中4失点で黒星を喫していた。

PR

PR

注目のテーマ