神がかり工藤監督「好機で絶対回る」予感の中村晃5番

西日本スポーツ

西武に連勝し、工藤監督をねぎらう王会長(撮影・軸丸雅訓) 拡大

西武に連勝し、工藤監督をねぎらう王会長(撮影・軸丸雅訓)

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第2戦 西武6-8ソフトバンク(10日・メットライフドーム)

 ソフトバンクは2連勝で、2勝1敗(西武のアドバンテージ1勝含む)と白星先行。第1戦に続き、この試合でも打線変更が当たった。

 中村晃を3試合ぶりのスタメンで5番起用。すると初回2死一、三塁で先制右前打を放った。3回無死二塁では2ランで猛攻を先導。工藤監督は「すばらしいの一言ですね。ちょっと(先発から)外したところはありましたけど、今日すぐに結果を残して。集中力がすばらしい。よく打ってくれた」と激賞した。

 第1戦でも3試合ぶりのスタメンで5番に入れた松田宣が、先制打から4打点を挙げていた。中村晃の5番については「(西武今井との)相性というか。2の1でありますけど(3打席で2打数1安打)、一本ホームラン打ってるところもありましたし。ストレートにしっかり合わせて打ってくれてたので、そういうところも期待して5番。チャンスが広がったところで絶対回ってくると思っていた」と説明した。

 神懸かり的な用兵を見せ、追う立場から一転、優位に立った。それでも「そういうことは考えないで。とにかく明日(11日)のゲーム。一つ流れが変わるとね、あっという間に…っていうところもありますんで」と気を引き締め直していた。

PR

PR

注目のテーマ