西武今井6失点炎上 残り試合リリーフ待機の可能性

西日本スポーツ

3回無死二塁、中村晃に右越え2ランを浴びた西武・今井 拡大

3回無死二塁、中村晃に右越え2ランを浴びた西武・今井

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第2戦 西武6-8ソフトバンク(10日・メットライフドーム)

 今井が先発の役目を果たせなかった。2年連続でCS先発の大役を任されながら、初回に中村晃の右前打で先制点を許すと、その後も失点を重ね、2回2/3を被安打7の6失点。制球が乱れての3四球は、全て失点に直結した。「真っすぐも変化球も浮いてしまった。大事な場面で登板の機会を頂いたのに、期待に応えられなかった」とうなだれた。辻監督は「(試合前のブルペンは)今シーズンで一番良かったんじゃないかな。やっぱりインコースに投げきるのが課題」と渋い表情だった。今後は救援に回る可能性がある。

PR

PR

注目のテーマ