ソフトバンク・モイネロCS初失点 全5試合登板も

西日本スポーツ

8回2死一塁、降板するモイネロ 拡大

8回2死一塁、降板するモイネロ

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第2戦 西武6-8ソフトバンク(10日・メットライフドーム)

 ファーストSから5試合連続登板したモイネロが初の失点を喫した。3点リードの8回に5番手で登板。先頭メヒアを一邪飛、代打栗山は空振り三振に仕留め簡単に2死に。ところが金子侑に左翼線二塁打を浴びると、秋山には6球目の真っすぐが甘く入って右前へ運ばれる適時打を献上。2点差に迫られて森にマウンドを譲った。「連投なので疲れはあるが、みんな同じ。次も投げる準備をする」と気持ちを切り替えた。

   ◇    ◇

 嘉弥真(ファーストSから5試合連続登板で初失点)「(5回無死一、二塁で登板し)秋山の三振は良かったけど、次(源田の適時二塁打)が反省。ここまで来たら“皆勤賞”を目指します」

 石川(5回からイニングをまたいでマウンドに上がり、3年連続してCSで勝ち星)「行けと言われたところで行くだけ」

PR

PR

注目のテーマ