ソフトバンク武田「最低限の投球はできた」

西日本スポーツ

2回2死一塁、西武・メヒアを右飛に打ち取り、ベンチに戻る武田 拡大

2回2死一塁、西武・メヒアを右飛に打ち取り、ベンチに戻る武田

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第2戦 西武6-8ソフトバンク(10日・メットライフドーム)

 9日の初戦を勝利したことで第2戦の先発を託された武田が「最低限の投球」で連勝に貢献した。4回2死まで無安打投球を続けたが外崎にソロ本塁打を浴び、続く5回に下位打線の連打で無死一、二塁のピンチを招いたところで降板。4回0/3を3失点という内容にも「自分の調子どうこうではなくチームが勝つためにできることを考えてマウンドに上がった。最低限の投球はできたと思う」とチームの勝利を喜んだ。

PR

PR

注目のテーマ