ソフトバンク内川マルチも初失策

西日本スポーツ

4回無死、左前打を放つ内川 拡大

4回無死、左前打を放つ内川

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第3戦 西武0-7ソフトバンク(11日・メットライフドーム)

 ベテラン内川がマルチ安打で3連勝に貢献した。1点リードの2回無死一塁で、十亀から中前へポトリと落ちる安打を放ち一、三塁に好機を拡大。この回の2得点につなげた。4回にも先頭で左前打をマークし、牧原の2ランを呼び込んだ。ただ、6回1死の守備では森の放ったゴロをファンブルし、失策を記録。今季はレギュラーシーズンでパの一塁手として初めてシーズン守備率10割を達成しただけに「これでもう1度、気を引き締め直します」と、自らに厳しく言い聞かせるように話した。

PR

PR

注目のテーマ