ソフトバンク福田 9回2点打&好捕締め

西日本スポーツ

9回1死二、三塁、左中間に2点二塁打を放つ福田 拡大

9回1死二、三塁、左中間に2点二塁打を放つ福田

9回2死一塁、西武・栗山の打球を好捕する福田

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第3戦 西武0-7ソフトバンク(11日・メットライフドーム)

 途中出場の福田が、最終回に攻守で仕事を果たした。7回の守備から登場。5点リードの9回1死二、三塁で1ボールから平井の直球を中堅左へはじき返すと、ダメ押しの2点適時二塁打となった。「先制したけど(5回以降)点を取れてなかったのでよかった」。直後の守備では、2死一塁から栗山の放った右中間への飛球を全速力で背走し最後はジャンピングキャッチし試合終了。「あれは自分でもいいプレーだった」と鼻高々に振り返っていた。

PR

PR

注目のテーマ