王手ソフトバンク4戦連続先制 今宮弾に敵地静まる

西日本スポーツ

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第4戦 西武-ソフトバンク(13日・メットライフドーム)

 ソフトバンクがこのファイナルステージ4試合連続で先手を取った。

 第3戦まで続けて先制していた初回は、西武先発の本田の前に無得点。2回も好機を逸したが、3回1死、今宮が1ボールからの2球目、高めに入ったスライダーを振り抜くと、左翼へ上がった打球は切れずにスタンドインした。

 「甘く来たボールをしっかり仕留められました」という一打に静まりかえった敵地のスタンド。この試合でソフトバンクが勝てば3年連続の日本シリーズ進出、西武の2年連続CS敗退が決まる。

PR

PR

注目のテーマ