西武本田圭佑は悔やむ「どちらも失投」2被弾で降板

西日本スポーツ

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第4戦 西武-ソフトバンク(13日・メットライフドーム)

 西武先発の本田は無念の4回途中降板となった。

 3連敗で迎えた後がない状況でCS初登板。チームが第3戦まで必ず先制された初回を1安打無失点で乗り切ると、2回は三塁手・中村の悪送球で一、二塁のピンチを背負い、さらに際どいボール判定でフルカウントになりながら、甲斐をストレートで空振り三振に仕留めた。

 それでも3回1死、今宮に抜けたスライダーを捉えられ左越えの先制ソロ被弾。直後に味方が絶好の同点機を併殺で逃すと、4回無死、グラシアルに左中間へのソロを浴びた。

 続く松田宣に中前打を許し降板。2番手・平良が生還を許し、本田は3回0/3を6安打3失点となった。CS初登板だった点は「全く気にすることはありませんでした」と言い「とにかく立ち上がりに気を付けて、初回は絶対ゼロに抑えようと思ってマウンドに上がりました。入りは良かったと思います」と振り返った上で「2本のソロはどちらとも失投。もったいなかったです」と悔やんだ。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ