ソフトバンクがパ初スイープ下克上!3年連続日本S進出 台風でも止まらず4連勝、今宮3発6打点

西日本スポーツ

◆パ・リーグCSファイナルステージ第4戦 西武3―9ソフトバンク(13日・メットライフドーム)

 ソフトバンクが競り勝って第4戦も快勝し、対戦成績を4勝1敗(西武のアドバンテージ1勝含む)として3年連続の日本シリーズ進出を決めた。

 4試合連続の初回先制こそ逃したものの、3回に今宮が先制ソロ。4回にはグラシアルがソロを放つなどして西武先発の本田を降板に追い込み、さらに甲斐の適時二塁打で1点を加えた。

 4回に山川の適時打で1点を返され、5回にメヒアのソロで1点差とされると、ベンチは先発バンデンハークを諦め継投。嘉弥真、高橋純とつなぎ、2死満塁のピンチを切り抜けた。

 直後の6回に今宮がこの日2本目となる2ラン。7回は敵失にも乗じて攻め、代打長谷川勇、今宮の適時打で2点を加えた。9回には今宮が3本目となる2ランを放ち、突き放した。

 12日の台風による中止を挟み、ソフトバンクは楽天とのファーストステージ第2戦から6連勝。プレーオフ、CSでの6連勝は新記録だ。昨季もリーグ優勝した西武にCSファイナルステージ4勝2敗(西武の1勝アドバンテージ含む)で勝っており、同じ相手に2年連続の「下克上」。2位以下からファイナルステージ全勝での突破は、2014年阪神が巨人に第1戦から4連勝して以来で、パ・リーグでは初めて。

 3年連続の日本シリーズ進出は、球団では鶴岡一人監督が率いた南海時代1964~66年以来。セ・リーグCS突破チームと争うシリーズでは、90~92年西武以来となる3年連続日本一を狙う。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ