工藤監督「やるからには勝たなきゃ」古巣巨人に闘志

西日本スポーツ

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)を制し3年連続の日本シリーズ進出を決めたソフトバンクが13日、東京都内のホテルで会見を行った。

 工藤監督、選手会長の柳田、MVPの今宮が出席。工藤監督の一問一答は以下の通り。

-現在の心境は

 選手たちがファーストステージ、このファイナルステージと、苦しい中をよく頑張ってくれた。選手を褒めてあげたい思いでいっぱい。ただ、台風による被害が非常に大きかった中、こうやって野球ができる幸せを僕自身、感じていますし、今は一日も早い復興、復旧がなされることを願っています。

-レギュラーシーズン2位からどう切り替えたか

 (昨季の)悔しい思いを持って「奪Sh!」というスローガンのもと、みんなで一つになって、とにかくペナントを取ろうという思いでやってきた。それがかなわず2位で終わり、選手も本当に悔しいという思いで戦ってくれたし、僕自身も絶対に勝って日本シリーズに行くんだと強い思いでいた。選手全員、コーチ、スタッフのみんなも同じ気持ちでいたからこそ、選手が十分、力を発揮できたんではないか。みんなが強い気持ちを持ってやってくれたことを誇りに思うし、今は、ほんとに良かったなという思い。

-勝因は

 いやもうこれは、選手が頑張ってくれたおかげだと。

-打線が4試合とも先制し、2桁安打

 初回からみんなが集中して、何とか点を取るという思いが伝わってきた。こういう(ポストシーズンの)戦いをみんな、たくさん経験して、先取点の重要性や、それによってチームが勢いに乗っていくことを分かった上で臨んでくれた。

-CS期間を通じてスタメンや代打の決断があった

 選手たちがその働きをしてくれない限り、いい采配と呼べるかは分からない。苦しい決断もしなきゃいけなかった。勝つために自分が何を選択すればいいかは、迷いなくやってきたつもりではいる。ただ選手たちには、途中で代えることへの悔しさ、つらさもあっただろうし。決断をした結果、選手たちが思いに報いてくれたと言うか。結果でしか選手たちに恩返しできることはない。苦しくて申し訳ないという思いを持ちながら、試合をやっていた。

-投手陣が西武の強力打線を最後まで苦しめた

 常日頃から選手には伝えている「準備」をしっかりやってくれたことが、こういう結果につながった。マウンドに上がれば勇気も必要だし、割り切って投げることも大事。たくさんいる若いピッチャーが、そういうことを学んでいってくれたのが非常にうれしい。結果が伴ったところも。ほんとに大変だったと思う。コンディションを整えるのも、疲労を取るのも大変で、苦しい中、この4試合を戦ってくれたのは、彼らの自信にしていいと思う。これからの野球人生にも必ずプラスになる。

-日本シリーズの相手は巨人。交流戦でも戦ったが、印象は

 交流戦しか戦っていない。これからというところはあるけど、投打、リリーフも含めて非常にまとまっている、バランスのいいチームと感じている。

-ホークスとジャイアンツの顔合わせは2000年の「ON」シリーズ以来。当時は巨人で現役だったが、特別な思いも

 いや、特別ということではないけど、現役のときにお世話になったチームでもあるし、何と言っても日本シリーズは注目してもらえる試合。いい試合、熱い試合、野球史に残るような試合をやりたいなと。

-3年連続日本一がかかる

 パ・リーグの代表として恥じない試合を、多くのファンの前でやっていきたい。やるからには勝たなきゃいけない。それがプロ野球。何としても勝つ。強い気持ちを持って、この日本シリーズを戦いたい。よろしくお願いします。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ