平原ら準決勝進出 G1寛仁親王牌 【前橋】

西日本スポーツ

 前橋競輪のG1第28回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメントは13日、台風による順延を経て2日目が開催された。メインは12Rローズカップ。赤板で出た清水裕友をマークした松浦悠士が4角手前から追い込んで快勝。周回から松浦後位を走っていた単騎の浅井康太が2着。7番手から流れに乗ってBS捲りを放った木暮安由が3着に入り、逃げた清水は4着だった。2着勝ち上がりの2予Bと4着勝ち上がりの2予Aが3個レースずつ行われ、ローズカップに出走した9人と合わせて準決勝に進む27人が出そろった。14日の準決は、10R郡司浩平、11R清水裕友、12R平原康多が本紙本命。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ