【クローズアップ】田村ばあちゃんに届け

西日本スポーツ

 痛恨だった。それでも確かな手応えもあった。2日目ドリームに登場した田村隆信(41)=徳島=が1Mで流れて後退。それでも4着に追い上げた。「1Mまで失敗してしまった。でも道中の足は良かった」。相棒13号機の2連対率はわずか29%ながら、機力は上々。若松は2004年にSG初優勝を飾るなど、SG5優出のドル箱水面。その好相性も手伝う。

 並々ならぬ気合も入る。前検日の11日、大好きだった祖母が死去。「ボク、ばあちゃん子だったんですよ。いつも成績を気にかけて、応援してくれてた」。良き理解者で何よりにも勝る応援者。「若松を走ろうかどうか本当に悩んだけど、ばあちゃんは走った方が、喜ぶと思ったから」

 3日目は天候が回復。水面も落ち着きを取り戻す。「体感は安定板がない方が確実にいい。安定板が外れてからですね」と、反撃態勢を後押し。ディフェンディングチャンピオンとして連覇へ臨む今大会。「ばあちゃんにいいお土産を持って帰りたいですね」。ばあちゃん子はもう1段階、ギアを上げる。 (渡辺将司)

PR

PR

注目のテーマ