鈴木圭ら準決入り SG全日本選抜 【川口】

西日本スポーツ

 川口オートの令和元年オッズパーク杯「SG第33回全日本選抜」は13日、準々決勝戦8個レースを行った。鈴木圭一郎、永井大介、荒尾聡らが1着で準決入り。ボーダー下位からは、池田政和、中村友和、三浦康平が1着取りの勝負駆けを成功させた。4日目は、9~12Rの4個レースで、準決勝戦を実施。準決12Rは、鈴木圭が強S一気の速攻で後続を引き離す。なお有力な優勝候補の1人だった青山周平は、家事都合のために欠車、参加解除となった。

PR

オートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ