杉尾好救援 宮崎産経大3回戦突破

西日本スポーツ 前田 泰子

 ◆九州大学野球選手権大会 産経大9―4沖国大(13日・福工大野球場)

 九州大学野球選手権(西日本新聞社など後援)は13日、福岡市の福工大野球場などで2回戦1試合と3回戦2試合を行い、宮崎産経大(九州地区南部1位)が沖縄国際大(九州地区南部3位)に9-4で逆転勝ちして準々決勝に進出した。エース杉尾剛史(4年・宮崎日大)が5回1死から登板。4回2/3を無失点に抑え、逆転を呼んだ。大会3連覇を狙う九共大(福岡六大学2位)は初出場の久留米工大(九州地区北部2位)に13-4で7回コールド勝ちし、準々決勝へ進出。宮崎産経大と九共大は、14日午前10時から同野球場で準決勝進出を懸けて対戦する。

■逆転呼んだ 4回2/3無失点

 エースがマウンドに立つと、グラウンドの雰囲気が変わった。5回1死一、三塁のピンチで宮崎産経大のエース杉尾が登板。後続を2者連続三振に打ち取り、チームが息を吹き返した。「流れを変えるよう言われて登板したので三振を取ろうと思った。三振が一番勢いがつくので」と狙い通りの投球だった。

 この投球で4回まで3安打に抑えられ、0-4と劣勢だったムードが一変。打線が5回に2点を返すと、6回には打者11人で5安打を放ち6点を奪って逆転した。マウンドの杉尾は6回以降相手打線を散発3安打に抑え、6奪三振で無失点。相手の勢いを止めて逆転を呼んだ。「(杉尾)剛史が出るとチームが変わる。うちは剛史のチームなんです」と三輪正和監督はエースに全幅の信頼を寄せている。

 174センチと投手としては小柄な体をカバーするためチェンジアップやツーシームなど多彩な球種を身につけた。今秋はプロ志望届を提出しドラフトを待つ。「指名される自信はない。でも残り試合で少しでもアピールできれば」と力を尽くす。

 「宮崎から日本一」の夢がある。入学時に全員の前で「日本一」という目標を挙げた。「日本一になると決めたので、果たしたい」。最後のシーズンで夢をかなえるため右腕でチームを引っ張っていく。 (前田泰子)

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ