久留米工大、初回2点先制も及ばず

西日本スポーツ

 ◆九州大学野球選手権大会 九共大13―4久工大(13日・雁の巣球場)

 九州大学野球選手権(西日本新聞社など後援)は13日、福岡市の福工大野球場などで2回戦1試合と3回戦2試合を行い、初出場の久留米工大(九州地区北部2位)は大会3連覇を狙う九共大(福岡六大学2位)に4-13で敗れた。宮崎産経大(九州地区南部1位)が沖縄国際大(九州地区南部3位)に9-4で逆転勝ち。九共大と宮崎産経大は、14日午前10時から同野球場で準決勝進出を懸けて対戦する。

 初出場で初戦を突破した久留米工大の勢いが止まった。九共大を相手に初回に2点を先制したが、その裏に5失点。3回に1点を返したが、すぐ突き放された。「入りは良かったが、力の差が出た」と野田監督は実力差を痛感した。昨秋の九州地区北部2部から1年で九州大学選手権で勝つまでになった。「九共大のレベルの高さを見られただけでも収穫だった。冬場に鍛えたい」と野田監督は再チャレンジを誓った。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ