ソフトバンク高橋純 CS初勝利

西日本スポーツ

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第4戦 西武3―9ソフトバンク(13日・メットライフドーム)

 高橋純がCS初勝利を手にした。1点リードの5回2死一、二塁から登板。中村に四球を与えて満塁としたが、外崎を外角145キロで二ゴロに打ち取って切り抜けた。「この回だけだと、思い切っていけた。後ろには頼れる先輩たちもいるので」と笑みをのぞかせた。4年目でブレークした右腕は、CSでもファーストSから7試合中5試合に登板した。

   ◇   ◇

 (6点リードの9回に登板して三者凡退)「しっかり抑えられて良かった。チームが勝てて良かった。(日本シリーズも)やるしかない。しっかり準備します」

 甲斐野(1番打者から始まる7回に登板し3人でぴしゃり)「トレーナーさんやコーチのおかげで100パーセントに近い状態でマウンドに上がれている。感謝しかない」

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ