ソフトバンク内川 追加点呼ぶ犠打

西日本スポーツ

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第4戦 西武3―9ソフトバンク(13日・メットライフドーム)

 内川がポストシーズンでは昨年の日本シリーズ以来となる犠打を決めた。2点リードの7回無死二塁、一塁へきっちりバントを決めると、続く長谷川勇、今宮に適時打が生まれ、チームはリードを4点に広げた。「ここまできたら悔いが残らないようにやるだけ」ときっぱり。工藤監督も「バントと言ったら『はい』とやってくれた心意気は(他の)選手にも伝わったと思うし、それがチーム一丸ということ」と献身ぶりに感謝していた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ