ソフトバンク長谷川勇 切り札健在、代打適時打

西日本スポーツ

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第4戦 西武3―9ソフトバンク(13日・メットライフドーム)

 代打で登場した長谷川勇が本領を発揮した。2点差に迫られた直後の7回1死三塁で、甲斐の代打としてヒースから右翼線を襲う適時二塁打。貴重な追加点で日本シリーズ進出を決めた勝利に貢献した。ファイナルS第1戦でも8回に内川の代打で同点打を放つなど、CSですさまじい集中力を発揮した勝負師は「やることをやってきたし、なるようにしかならない」とあくまで自然体だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ