ソフトバンク牧原 攻守で存在感

西日本スポーツ

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第4戦 西武3―9ソフトバンク(13日・メットライフドーム)

 3試合連続の1番で起用された牧原が攻守で存在感を発揮した。打っては3戦連続のマルチ安打。6回に左中間二塁打、9回は右前打を放ち、いずれも今宮の本塁打で生還した。守備では4回2死一塁で栗山の一、二塁間深くへの打球を好捕すると、7回は秋山の中前に抜けそうな打球を阻止するなど美技を連発。昨季はレギュラーシーズン最終盤に右足首を痛めてCS出場を逃しており「初めてのCSにしては良かった」と充実感を漂わせた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ