エース杉尾が6失点 宮崎産経大

西日本スポーツ

 ◆九州大学野球選手権大会準々決勝 九共大6-1産経大(14日・福工大野球場)

 明治神宮大会(11月15日から、神宮)への出場を懸けた九州大学野球選手権大会(西日本新聞社後援)は14日、福岡市の福工大野球場で準々決勝1試合が行われ、宮崎産経大(九州地区南部1位)は大会3連覇を狙う九共大(福岡六大学2位)に1‐6で敗れた。九共大は23日にヤフオクドームで行われる準決勝で九産大(福岡六大学1位)と対戦する。

 初の準決勝進出を目指した宮崎産経大だがエース杉尾が6失点を喫し敗れた。杉尾は1回と4回に被弾し前半で5点のリードを許した。「前半は安全に勝ちに行こうとして慎重になりすぎた。チャレンジャーの気持ちで投げられなかった」と振り返る。

 気持ちが吹っ切れた5回以降は力のある直球で押して2安打1失点に抑え最終回は3者三振で締めくくった。ドラフトで指名を待つが、進路はプロか社会人野球に定めている。昨年の全日本大学選手権で8強に導いたエースは「球速を上げて先発で勝てる投手になりたい」と進化を続ける。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ