西武ニール初月間MVP 9月は驚異の4戦四球ゼロ

西日本スポーツ

 西武のザック・ニール投手(30)が14日、パ・リーグ投手部門で9月度の「大樹生命月間MVP賞」を受賞した。来日1年目で初受賞。期間中の4試合に先発し、リーグトップタイの4勝を挙げた。27回1/3、与四球ゼロで、防御率0・66はリーグトップだ。「パ・リーグはすごくいい投手が多い。その中で取れてうれしいし、チームが勝てたことが良かった」と喜んだ。

 9月はソフトバンクとの激しい優勝争いの中、先発の柱として西武をリーグ連覇に導いた。優勝を決めた9月24日のロッテ戦(ZOZOマリン)でも6回3失点(自責1)で12勝目をマーク。「9月は大事な試合が続いて1試合ずつ集中して臨んだ。球場、チームも勝つんだという雰囲気になっていた」と振り返った。

 2軍再調整明けの6月からシーズン外国人最長タイ記録の11連勝を記録。月間MVPに「7、8、9月は取れるんじゃないかなという感じだった。最終的に選ばれて良かったし、興奮した。ストライク先行で攻めて、守備陣がとても良く守ってくれた」とチームメートに感謝した。西武は残留を要請している。

 パ・リーグの打者部門は吉田正(オリックス)、セ・リーグの投手部門は西(阪神)、打者部門は福田(中日)が受賞した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ