峰逆転で予選トップ 全日本覇者 【若松】

西日本スポーツ

 若松ボートのG1開設67周年記念「全日本覇者決定戦」は16日、準優3番が行われる。4日間の予選を終え、予選ラストを1着で締めた峰竜太が、首位の座を奪還。逆転で予選トップ通過を決めた。強力パワーの中村尊が2位に浮上。3日目まで首位だった赤岩善生は成績こそ崩れたが、何とか3位で準優1枠は確保。いずれも人気を背負う。3日目の下位からは、地元の池永太をはじめ、上條暢嵩、吉田拡郎の3人が勝負駆けに成功した。ボーダーは5・67で地元・岡崎恭裕が、18位に滑り込み。佐藤大介が次点に泣いた。

PR

PR

注目のテーマ