西武も佐々木、公表は3球団 辻監督“残り福”拾う

西日本スポーツ 小畑 大悟

 西武の渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)が16日、ドラフト会議で岩手・大船渡高の佐々木朗希投手(17)を1位で指名することを公表した。同日、東京都内で開いた編成会議で決定。「非常に素晴らしい投手。くじになってもいく価値はある。投手としての能力はもちろん、投げている姿、走っている姿、けん制、クイック、フィールディングと全てのポテンシャルが高い」と絶賛した。

 西武はリーグ2連覇を果たしたが、チーム防御率は2年連続で最下位。それでも、最速163キロ右腕をじっくり育成する考えだ。渡辺GMは来季から3軍制を敷く方針を明かした上で「彼をすぐに(1軍)という考えはありません。自前の選手を育ててきた。まずはプロとしての体をつくるのが最優先」と強調した。

 既に佐々木の指名を公言している球団も複数ある。西武のくじ引き順は最後。“大役”を任された辻監督は「最後のくじを拾うだけだろ。(左手は)ボールをいっぱい捕ってきたからな」と、ゴールデングラブ賞を8度つかんだ左手で“残り福”を引き当てる意気込みだ。

 佐々木を追い掛けてきた渡辺GMは「一挙手一投足が私の心に響いたし、全スカウトの見解。令和最初のドラフト1位で複数球団(の指名)になると思うが、縁があればいいなと思う」。リーグ王者は令和の怪物に狙いを定めた。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ