辻監督名手の左で一矢「辰ちゃんと同級生対決」制す

西日本スポーツ

 ◆プロ野球ドラフト会議(17日)

 西武辻監督が「名手の左」で一矢を報いた。

 入札1回目で大船渡高・佐々木を指名し4球団が競合した。パ・リーグ優勝チームで今年の抽選順は必ず最後。残り福には恵まれなかった。

 入札2回目で指名した東芝・宮川も巨人と競合。セ・リーグ優勝の巨人原監督の後で待ち、今度は当たりくじが残っていた。

 「左手でボールをいっぱい捕ってきた。右は投げてきた」と、名二塁手の思いを込めて左手で引いた。「最後とはいえ、二つ外したらきついなと思っていた。ホッとしました」と胸をなで下ろした。

 右手でガッツポーズも繰り出し「同級生対決やったからな。辰ちゃん(原監督)と」と笑み。宮川について「ビデオも見て、球の質もいい、非常に力もあるし、変化球もいける。完成された投手」と評価。「そこそこのピッチングしていただければ、ウチの打線だったら2桁(勝利)チャンスあるんじゃないですか」と期待を込めた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ