悔しさ募らせるDeNA7位の有明高・浅田「プロでぶつける」

西日本スポーツ 前田 泰子

 ◆プロ野球ドラフト会議(17日)

 DeNAから7位指名を受けた熊本・有明高の浅田に笑みはない。「待っている時間が長くて、選択終了の球団も出てきて不安があったけど、指名を受けてホッとした」と安堵(あんど)の気持ちを明かす表情はまだ少し硬かった。

 喜びと同時に湧いたのは最後に名前を呼ばれた悔しさだ。高校日本代表で一緒だった佐々木や奥川は1位指名。DeNA1位の森も同代表のチームメートだった。「上で指名された選手を見返してやるという気持ちが強い。この悔しさをプロでぶつけたい」と誓った。

 育成出身で日本を代表する投手に成長したソフトバンクの千賀が目標だ。「千賀選手も悔しい思いがあったと思う。自分も育成からスタートする気持ちでやりたい」。プロのスタートは横一線。持ち前の負けん気と反骨心で日本のエースを狙う。 (前田泰子)

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ