1位石川は「夏前から決まっていた」ソフトバンクのドラフト舞台裏

西日本スポーツ

 ◆プロ野球ドラフト会議(17日)

 永井智浩編成育成本部長兼スカウト・育成部長は1位指名しながら交渉権を得られなかった石川と“縁”がなかったことを心底悔やんだ。ドラフト直前まで佐々木の1位指名をにおわせていたが「実はスカウトの中では夏前から(1位指名は石川と)決まっていた。(王球団)会長の方にも夏前には説明させてもらっていた」と舞台裏を明かし、肩を落とした。それでも、外れ1位で佐藤、2位で海野の指名に成功。3位以下も想定以上の選手を指名できたという自負がある。「全体的に80点はある。1位は外れたけど、その下は1位を取れた時のイメージよりよかった。海野君を2位で取れると思ってなかったし、佐藤君もぜひ欲しい選手だったので」と一転、笑顔で説明していた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ