工藤監督「勉強しなきゃいけない」かつて仕えた原監督に

西日本スポーツ

 プロ野球のSMBC日本シリーズ2019は19日にヤフオクドームで開幕し、5年ぶりにセ・リーグを制した巨人と、パ・リーグ2位からクライマックスシリーズ(CS)を勝ち抜いて3年連続日本一を狙うソフトバンクが対戦する。

 両チームは18日、ヤフオクドームで調整した。ソフトバンク工藤監督の会見での一問一答は以下の通り。

-前日練習を終えた心境は

 ちょっと緊張感が増してきました。それと同時に楽しみだなと思ってます。

-19年ぶりの顔合わせ。ファンも楽しみだが、工藤監督にとってはどんな楽しみが

 19年前は私はジャイアンツに所属してましたので。こうやってホークスとジャイアンツで戦うにあたっては、本当に懐かしく思います。ただ、今はホークスの監督として、チャレンジャーの気持ちで、素晴らしい日本シリーズ、ファンの皆さんに喜んでもらえる日本シリーズをぜひしたいなと思います。

-「ON対決」以来。王会長から何か声を掛けられたり、思いを伝えられたことは

 話の中では出ますけど。ほんとに楽しみにしていただいてると思いますんで。素晴らしい野球をお見せすることが何よりも大事かなと。当然、やるからには勝ちたいですし。あの時はジャイアンツの人間として勝つことができましたけど、今回はホークスの監督として、ジャイアンツに…ジャイアンツさんに勝ちたいなと。

-巨人での現役時代に原監督の下でも戦った。原監督の采配、特徴について思うことは

 私はピッチャーですんで、采配はなかなか、自分が投げてることに一生懸命ですので、そこまで見る余裕がなかったですが、本当に選手の特長であったり、いいところを引き出す、素晴らしい監督だと思います。采配も、まだまだ私、勉強しなきゃいけないところがありますんで。見て、学びながらやっていきたいと思います。しっかりと自分自身もチャレンジしていけるように、このシリーズ、頑張っていきたいと考えています。

-巨人の今季の戦いをどう見ていたか

 投打ともにバランスも良く、若い選手たちも伸びてきて、ほんとにバランスの取れたチームだなという印象は持ってます。

-坂本勇、丸、岡本らを擁する打線の印象や、警戒したい打者は

 どこからでも点が取れる打線だと思いますので。誰ということではなく。当然、主軸はしっかり抑えなきゃいけないですが、チャンスができれば、足を使って、あと長打、ホームランが非常に魅力的なチームだと思いますので。全てにおいて注意しなくてはいけない。気持ちを緩めたら、そこに付け入られると思います。

-山口俊、菅野らを擁する投手陣の印象は

 交流戦で山口(俊)投手にはやられてますので。しっかりと対策を立てていかなきゃいけないなとは思います。

-今シリーズは予告先発を採用。第1戦先発の千賀にはどんな期待を

 ウチのエースですので。(CS)ファイナル(ステージ)のようなピッチングをしてくれることを期待してますし、ウチのエースで勝って、チームが盛り上がっていかないといけないと思いますので。非常に期待は大きいです。

-巨人は第1戦に山口俊が先発。どう戦うか

 選手たちにも、コーチの皆さんにもしっかりした準備をとはお願いしてますし、僕からいろいろ注文することもありましたので。その対策がしっかりできてれば十分、対等以上に戦えると思います。

-CSでは打線がつながった。状態、雰囲気は

 状態は選手みんなしっかりとキープしてくれていると思いますし、結果が出なかった選手に関しても、しっかりと自分の練習をして、準備はできていると思いますので。クライマックス(シリーズ)同様、次へ次へとつなげる意識をしっかり持ってもらって戦っていきたいと思います。

-CSでは早めの継投も見せた。日本シリーズでは

 基本的にはシーズン中と、そしてクライマックス(シリーズ)のファイナルと同じようにやっていきたいと思ってます。早めの継投につながるケースもありますし、しっかり我慢してイニングを投げてもらうケースもありますし。そこは臨機応変に、試合の中で対応していきたいと思います。

-シリーズ男のような存在も出てくる。昨年は甲斐がMVPに輝いた。今年のキーマンは

 えー、言いづらいです(笑)。まああの、誰というよりは、クライマックス(シリーズ)でも皆さん、見ていただいたように、たとえホームランバッターでも逆方向へのヒットでつなげていった結果、勝利に結びついたと思いますので。われわれのチームは次へ次へとつなぐ気持ちが非常に大事だと思いますし。それが得点につながり、初回の得点もそれでしっかり取れたと思ってますので。そこを忘れないで、この日本シリーズ戦っていきたいと思います。

-3年連続日本一へファンへのメッセージは

 ファンの皆さん、待ちに待った日本シリーズが始まります。われわれホークスは常に日本一を目指して戦っているチームですし、当然、今シーズン、リーグ優勝を逃して悔しい思いを持ったまま(CS)ファイナルステージをしっかり勝ち抜き、この日本シリーズに来ることができましたので。またその思いをぶつけて、最後にやっぱり日本一を勝ち取るという強い気持ちを持って、この日本シリーズ、戦っていきたいと思います。ファンの皆さんに熱い野球をお見せできるように頑張ります。よろしくお願いします。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ