ソフトバンク柳田、G戦初アーチ宣言 山口を警戒「隙がない」

西日本スポーツ 山田 孝人

 柳田悠岐外野手(31)が巨人との公式戦初アーチで、球団史上初の3年連続の日本一へ導くことを誓った。CS7試合で打率3割7分を記録して1本塁打。「(CSの一発は詰まっていて)見事ではなかった。(日本シリーズでは)見事な本塁打を打てるように頑張ります」と宣言した。

 2000年以来19年ぶりとなる球界の盟主との頂上決戦。もちろん主砲の心も高ぶっている。「巨人とは初めてなので楽しみ。投打とも素晴らしい選手がいる。すごい強い相手ですけど、自分たちの野球で向かっていきたいし、挑戦したいという気持ち」と笑みがこぼれた。相手先発の山口について問われると「真っすぐが強く制球もいい。隙がない。難しい相手になる」と戦闘モードに切り替えて初戦を見据えた。

 16日の紅白戦でも本塁打を放つなど打撃は好調をキープ。史上初となる2年連続での下克上でのCS突破を決めたチーム状況にも手応えを感じている。「雰囲気はいいと思います。みんな、あと四つ勝つという気持ち。あと少しなんで頑張ろうという気持ちです」と選手会長はナインの思いも代弁した。

 昨年の広島との日本シリーズでは、第5戦でバットを折られながらもサヨナラ本塁打を放つなどチームに勢いをもたらした。大舞台で一層輝きを放つ男は「(3連覇は)なかなかない機会。達成することをモチベーションにしてやる」と腕をまくった。 (山田孝人)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ