ソフトバンクドラ1佐藤、柳田に弟子入り志願 指名あいさつ受ける

西日本スポーツ 長浜 幸治

 福岡ソフトバンクからドラフト1位で指名された佐藤直樹外野手(21)=JR西日本=が18日、広島市のJR西日本広島支社で指名あいさつを受けた。50メートル走5秒8、遠投120メートルを誇る俊足強肩のドラ1は、チームの主砲柳田への弟子入りを志願した。

 ドラフトから一夜が明け、永井編成育成本部長兼スカウト・育成部長から工藤監督直筆のサインが入ったボールを受け取った佐藤の表情が和らいだ。「まだ実感はない。足と肩は1軍で即戦力と高い評価を頂いた」。球団が外野手を1位指名したのは41年ぶり。「開幕1軍入りを目指す」と、その重みをかみしめるように力強く言い切った。

 佐藤にとって最高の手本が身近にできる。「柳田さんは日本を代表する選手。同じチームに入れて光栄だし、早く1軍で一緒にプレーしたい」と早くも興奮を隠さない。3年間の社会人生活を広島で過ごした佐藤にとって、広島出身の柳田と共通点があるのも強み。「どうやったらあんなフルスイングができるのか、何を考えて打席に入っているのか、いろいろ聞きたい」と目を輝かせた。

 ホークスは柳田をはじめ、中村晃や上林ら外野手の層が厚い。佐藤と砂糖を掛け「シュガー」のあだ名で呼ばれているという21歳も「課題は打撃。伸ばしていかないと」とプロの世界が甘くないことは自覚している。それでも「(来春の)キャンプからアピールできるように土台をつくりたい」ときっぱり。トップスピードで日本一の外野手を目指す。 (長浜幸治)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ