工藤監督の「キラー」福田の起用法に注目 交流戦から見えたキーマン

西日本スポーツ

 今季の福岡ソフトバンクは巨人との交流戦(6月21~23日・東京ドーム)で2勝1敗と勝ち越し。23日の最終戦に勝利し、2年ぶり8度目の交流戦勝率1位を決めた。巨人が今回の交流戦で唯一負け越した相手がソフトバンクだった。この時のデータを基に両チームのキーマンを探った。

 まず目が行くのが、今季限りでの現役引退を表明している巨人・阿部。7打数4安打で打率5割7分1厘、2打点と打ちまくっている。21日には3回に先制の中前打、22日には6回にリードを3点に広げる中前打を放った。現役最後の晴れ舞台となる日本シリーズ。特に東京ドームは異様なムードに支配される恐れが強い。ホークスとしては絶対に乗せたくない。また広島時代の昨年の日本シリーズでホークスが打率1割6分に抑えた丸が、今季のホークス戦で打率4割6分2厘、1本塁打、2打点を記録しているのも気になる。

 ホークスは、まず福田だ。6打数4安打で打率6割6分7厘だが、何より3本塁打、7打点に目が行く。21日の6回には元同僚の左腕の森福から決勝の右越え満塁弾。23日は菅野から初回先頭打者本塁打を右中間に運ぶと、7回にも左腕の高木から右中間へソロを放った。今季の9本塁打のうち3分の1を巨人戦で記録。しかも今季の右投手に対する打率2割9分5厘、7本塁打に対し、左には1割3分5厘、2本塁打と、左腕をやや苦手にしているのに、その2本塁打をいずれも巨人戦で放った。工藤監督の福田の起用法にも注目だ。

 対戦打率5割のグラシアル、同4割5分5厘、3打点の松田宣にも期待が集まる。

 一方の投手陣では、今季結果を出した選手が活躍している。巨人では今季15勝で最多勝に輝いた山口が、22日に7回、被安打5、7奪三振、無四球(1死球)、1失点で7勝目。ソフトバンクでは最多奪三振の千賀が、21日に6回、被安打7、11奪三振、2失点で7勝目と貫禄を見せた。22日に4回、被安打5、3失点で負け投手となった高橋礼の投球が鍵となりそうだ。また、巨人との交流戦時は、守護神の森が故障で離脱中だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ