西武内海は残留 球団がFA3選手と交渉

西日本スポーツ

 西武は18日、フリーエージェント(FA)権を保有している秋山、内海、十亀の3選手と東京都内で初交渉を行った。渡辺ゼネラルマネジャー(GM)は「当然、来季も残ってほしいという話をした。条件も提示している」と説明した。

 昨オフに巨人へFA移籍した炭谷の人的補償で加入した内海は、左肘の故障で1軍登板なしに終わった。海外FA権を持つが「一試合も投げていないし(行使)できるわけがない。活躍してもするつもりはなかった。(来年は)何とか活躍して、一試合でも貢献したい」と残留を決めた。渡辺GMは「今年はけがをしたけど、来季は戦力になってほしい。何とか復帰しようとしてきた努力は見ている。姿勢が素晴らしい」と評価した。

 海外FA権を初取得し、米メジャー移籍を目指す秋山は「シーズンが終わって一区切りのタイミングで話をする機会が持ててよかった。9年間を踏まえて必要だと言ってもらえた」と話した。国内FA権を初取得した十亀は「1年間投げる体力があるところを評価してもらった。家族と話し合って考えたい」と熟考する構えだ。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ