Vリーグ久光製薬、W杯帰りの石井が13得点 開幕戦で白星

西日本スポーツ

 バレーボールのVリーグ女子は19日、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館などで1部の6試合があり、3連覇を目指す久光製薬は3-0で日立を破った。

 久光製薬は台風19号の影響で12、13日の試合が中止になり、19日のホームが開幕戦になった。

 ワールドカップ(W杯)に出場した石井優希、新鍋理沙、岩坂名奈の日本代表勢がチームに合流してまだ1週間余り。連係不足の中でも今季主将に就いた石井は13得点をマーク。チームで2番目に多い12本のアタックを成功させた。新鍋や岩坂も要所で得点を重ねた。

 同体育館では20日も2試合が行われ、午後0時半から久光製薬と姫路が初対決する(末継智章)

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ