ソフトバンク千賀好投にも「調子あまり良くなかった」

西日本スポーツ

 ◆SMBC日本シリーズ2019第1戦 ソフトバンク-巨人(19日・ヤフオクドーム)

 3年連続で日本シリーズ第1戦の先発を任されたソフトバンク千賀が、期待に応えた。

 2回に阿部のソロで先制を許したものの、直後に味方が逆転したのを追い風に快投。阿部に被弾した後は打者19人連続で安打を許さず、途中12人連続凡退だった。

 2点リードの7回1死、中前へ抜けそうな大城の当たりを二塁手・牧原が横っ跳びで好捕すると、マウンド横で跳び上がって万歳。その後2死二、三塁と一打同点のピンチを招いたが、代打重信を見逃し三振に仕留め、グラブをたたいた。

 「先制点を取られてしまい、追いかける展開にしてしまったのは反省です。調子はあまり良くなかったですが、キャッチャーの拓也(甲斐)としっかり話し合って、良い部分をうまく引き出してくれました。攻撃でも守備でも、助けてくれた野手の皆さんに感謝です」。7回3安打、5奪三振で1失点。このポストシーズンは楽天とのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージで黒星発進も、西武とのCSファイナルステージで8回無失点。それに次ぐ好投となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ