千賀を分析 できるようになったことがある/工藤監督一問一答 10.19巨人戦

西日本スポーツ

 ◆SMBC日本シリーズ2019第1戦 ソフトバンク7-2巨人(19日・ヤフオクドーム)

 -千賀が7回1失点。

 「素晴らしいピッチングをしてくれた。日本シリーズという舞台でいい投球をするのは、肉体的にも精神的にもきついと思う。シーズン終盤もCSも短い間隔で投げたし、疲労を全部取り切れてない中で一生懸命調整してくれた」

 -回を追うごとに力みが抜けていた。

 「自分をしっかり制御できるようになってきたので、安定感が出てからは心配することはなかった」

 -第2戦以降にもつながる投球。

 「拓也(甲斐)もいいリードをした。バッテリーなので、一つになってどう抑えるかを考えながらやった結果。しっかり準備したことが今日出たと思う」

 -死球のデスパイネは。

 「明日の状態を見て判断する」

 -白星スタート。

 「とにかく一戦一戦みんなで力を合わせて戦っていくだけ」

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ