失点後粘りを見せた千賀/池田親興氏の目

西日本スポーツ

 ◆SMBC日本シリーズ2019第1戦 ソフトバンク7-2巨人(19日・ヤフオクドーム)

 エースの自覚を胸に今シーズンを投げ抜いてきた千賀の成長を示した投球だった。決して調子が良かったわけではない。それでも、高ぶる気持ちを抑えながら丁寧にアウトを重ねていった。今年のシーズン中も見せてくれた投球だった。

 千賀は調子が上がりきっていなかった2回に阿部に先制アーチを打たれてしまった。巨人打線の中で最も打たれてはいけない打者への一打は相手に勢いを与えかねなかった。昨年までの千賀なら、崩れていってしまう可能性もあったが、ここからの粘りが素晴らしかった。先制された直後に味方がすぐに逆転してくれて乗っていけた部分はあったが、ボール球が多くなり始めると、投球間隔をあけるなどし、単調なピッチングにならぬようにするなど多くの工夫も光った。

 特に目を引いたのはインコースの使い方だ。序盤は直球で打者の胸元をついて内角を意識させておいて、終盤になるにつれて外角の変化球を有効に使った。カットボールも緩急をつけて投げており、全てにおいて巨人打線を翻弄(ほんろう)した印象がある。

 打線はCSで組み替えた打順がはまっている。7回は7番松田宣が二塁打で出塁すると、代走周東を送るなどして1死一、三塁のチャンスをつくった。そこでCSから好調を維持している1番の牧原がスクイズの構えで一走の盗塁をアシストし、期待通りに2点タイムリーを放った。今宮も続き、柳田にも打点がつく安打が出て大量得点を奪った。

 CSから5日の間が空いても6連勝の勢いを継続できたことで気持ちよく日本シリーズのスタートが切れた。もっと大事になるのは次の試合。ここでも勢いをつなげ、2連勝で敵地に向かうことができれば3年連続の日本一が見えてくる。 (西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ