秋山、源田、外崎の侍3選手が被災地訪問 台風19号被害の埼玉県内

西日本スポーツ

 西武の秋山翔吾外野手(31)、源田壮亮内野手(26)、外崎修汰内野手(26)が20日、台風19号で被害を受けた埼玉県東松山市の一時避難所を訪れ、被災者らと交流した。

 3選手は現在も36人が避難している「野本コミュニティーセンター」を訪問。防寒具のマントやTシャツなどを提供し、メットライフドームでも販売している「若獅子カレー」を被災者やボランティアに振る舞った。道中では水害に遭った地域や堤防が決壊した都幾川を目にした秋山は「こんなところまで水が来るのかと、想像を超えていた。頑張ってくださいとも簡単に言えないけど、チームとしてやっていけることもある」と話した。

 源田は「被災した家を見て、ニュースと違って恐怖心も感じた。少しでも笑顔を届けられたら」。高3時に地元の青森県弘前市で東日本大震災を経験した外崎は「同じような経験もしたので苦しい気持ち。大変なときだと思うけど、少しでも頑張ろうと思ってもらえたらうれしい」と語った。

 3選手は埼玉県坂戸市の一時避難所も訪問した。21日からは国際大会「プレミア12」に出場するため、侍ジャパンに合流する。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ