石渡に注目24号機 ボートレースダービー 【児島】

西日本スポーツ

 児島ボート(岡山県倉敷市)のSG「第66回ボートレースダービー」が22日、開幕する。選考期間(2018年8月~19年7月)の勝率上位52選手が、優勝賞金3900万円を懸けて激しいバトルを繰り広げる。エンジン抽選は、好素性20号機が松田祐季、28号機が石野貴之の手に渡った。2連対率ナンバーワンの42号機は王者・松井繁が手にしたが、近況は落ち目だけに評価は割り引く。逆に上昇度が著しい24号機を獲得した石渡鉄兵が注目の的に。その他、菊地孝平、徳増秀樹、田村隆信が実績機をゲット。気配は湯川浩司、前本泰和、江口晃生、久田敏之、山口達也らが光った。初日メインは選考勝率上位6人で争う12Rドリーム。当地SGで優勝歴のある1枠・桐生順平が人気の軸を務める。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ