創成館1年生4番でサヨナラ4強 次は監督母校の明豊戦

西日本スポーツ

 ◆高校野球秋季九州大会準々決勝 創成館4-3宮崎日大(21日・佐賀ブルースタジアム)

 強打の1年生がヒーローになった。同点の9回1死一塁。創成館の4番に座る松永知大の一打は、右翼フェンスを直撃した。エンドランのサインで内角低めのスライダーを強振。一塁走者を一気に本塁に迎え入れるサヨナラ二塁打だ。

 「自分が決めるつもりだった。芯じゃなかったが、いい感じで(バットに)乗せられた」。入学直後から1番でレギュラー入り。長打力を買われて、新チームから4番に抜てきされた。この日も3打数2安打、2四球も選ぶ活躍を見せた。

 昨年は甲子園に春夏連続出場したが、今夏は長崎大会準々決勝で敗退。「犠牲心」を合言葉に出発した新チームは、ワンチームの精神を共有。宮崎日大に7回に3ランで追いつかれても「想定内!」と声を掛け合い、浮足立つことはなかった。

 松永も4番になった当初は打席で緊張していたが、今は「期待を背負ってできるのが楽しい」と笑顔を見せる。準決勝は明豊(大分)と対戦。稙田龍生監督は明豊の前身の別府大付出身で「公式戦の対戦は初めて。接戦に持ち込むしかない」と力を込めた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ