城北4強ならず 0点敗退、先制されて「焦った」

西日本スポーツ

 ◆高校野球秋季九州大会準々決勝 城北0-8鹿児島城西(21日・佐賀ブルースタジアム)

 城北が零封負けで4強を逃した。初戦は富島(宮崎)に8-7でサヨナラ勝ちしたが、鹿児島城西の2投手の前に打線が沈黙。ベンチから見守った主将の中村は「いつもの粘り強い打撃ができなかった。本塁打で先制されて焦った」と振り返った。先頭打者を2度しか塁に出せず、中村は「先頭が出塁できず、打線がつながらなかった」と課題を挙げた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ