福岡第一センバツ遠のく 監督脱帽「想像以上にいい投手」

西日本スポーツ

 ◆高校野球秋季九州大会準々決勝 福岡第一2-5大分商(21日・佐賀県立森林公園野球場)

 福岡第一は得意の粘りを発揮できず、反撃は終盤の2点にとどまった。7回まで大分商のエース川瀬に散発3安打に抑えられ「川瀬君を攻略できなかった」と平松監督は嘆いた。連投の川瀬は前日の疲れが残っていると考え、後半勝負を想定していたが、予想に反して球の勢いは衰えなかった。「失策もあったが打てなかったのが敗因。川瀬君は想像以上にいい投手だった。ああいう投手を打ち崩せるようにならないといけない」と平松監督は脱帽した。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ