ソフトバンク川島が特大飛球、判定巡り審判団が協議

西日本スポーツ

 ◆SMBC日本シリーズ2019第3戦 巨人-ソフトバンク(22日・東京ドーム)

 ソフトバンク川島の打球にスタンドが騒然となった。

 左腕対策の「1番・二塁」で2試合連続のスタメン出場。同点の3回1死、フルカウントから巨人先発・高橋の高めに入った直球を振り抜き、左翼へ高々と打ち上げた。打球はポールの上をかすめるようにしてスタンドへ。線審はファウルと判定した。

 すかさず工藤監督がリクエストする構えだったが、今回は審判団が自らリプレー検証。判定は変わらず、ファウルでプレー再開となった。リクエストなら失敗1度目がカウントされていた。

 川島は続く低めの直球を見極めて四球。ここから2死一、二塁となり、デスパイネが適時打を放ち、高橋を降板に追い込んだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ