工藤監督「今日勝ったの忘れて」G倒日本一あと1勝

西日本スポーツ

 ◆SMBC日本シリーズ2019第3戦 巨人2-6ソフトバンク(22日・東京ドーム)

 クライマックスシリーズ(CS)から采配が光るソフトバンク工藤監督の用兵が、この日も当たった。

 DH制がないセ本拠地での試合。守備のリスク承知で左翼デスパイネ、右翼グラシアルと攻撃型布陣を敷いた。すると第2戦まで安打、打点なしのデスパイネが2打席連続適時打で3打点。グラシアルも今シリーズ2発目、先制された直後の貴重な同点弾を放った。

 レギュラーシーズン2位から破竹の勢いでCSを突破し、日本シリーズも3連勝であっという間の王手。工藤監督は勝利監督インタビューで「ここまで来たかな、っていうところは確かにあります」と努めて高揚感を抑えるように話し「常に一戦一戦、全力で戦って勝ってきました。今日勝ったことを忘れて、明日の一戦に全てを懸けたいと思います」と強調した。

 CSから9連勝とし、同一年ポストシーズンの連勝記録をまた更新。打線が好調で、この日は同点の4回に一挙4得点。「つないでいく気持ちを常に選手が持ってくれていることがフォアボールにも、タイムリーヒットにもつながっていると思います」とうなずいた。

 第4戦の予告先発は巨人が菅野、ソフトバンクは和田。ソフトバンクが優勝を決めた今季交流戦の最終戦と同じ球場で、同じ顔合わせとなった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ