ソフトバンク・バンデンG対策奏功 カーブ効いた 4者連続含む6K

西日本スポーツ 山田 孝人

 ◆SMBC日本シリーズ2019第3戦 巨人2-6ソフトバンク(22日・東京ドーム)

 先発のバンデンハークが巨人打線の中軸を封じ込めた。1番亀井に初回の先頭打者弾など2打席連続のソロを浴びたが、2番坂本勇、3番丸、4番岡本、5番阿部は計8打席を無安打と完璧に料理。初回の坂本勇から2回の阿部まで4者連続の空振り三振も奪った。

 鍵となったのは150キロ超の剛速球ではなく、198センチの長身からのカーブだった。「巨人打線が真っすぐを狙っているのは分かっていた。拓也(甲斐)とも話し、多く投げた」。初回は丸をカーブで仕留めると、岡本も5球連続のカーブでバットに空を切らせた。

 4回2死満塁のピンチでも代打重信をカーブで空振り三振。甲斐が「バンデンが本当によく投げてくれた」とうなずくように、バッテリーの巨人対策が奏功した。4回2失点と試合をつくった右腕は「調子は悪くなかった。点を取られてもすぐに点を取ってくれ、投げやすい環境にしてくれた」とチームメートにも感謝した。 (山田孝人)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ